「磯蔵新聞」9号特集記事
「磯蔵新聞」9号特集記事
他:「ちょっ蔵新酒を祝う会」開催!イベントの詳細


ちょっ蔵新酒を祝う会 ちょっ蔵新酒を祝う会
平成19年4月29日[日]午後3時開場 
参加費1,500円(新酒祝う会記念ボトル四合瓶1本と笠間焼ぐい呑み付)

ちょっ蔵新酒を祝う会

 一期一会の酒造り……当蔵は今季も、蔵を囲む環境はもとより、米作りにはじまり、酒販店、飲食店、そして皆様に飲んでいただくその瞬間まで、本当にたくさんの方々に支えられ、無事酒造りを終了することができました。
 そんな中、当蔵では一人でも多くの方々に、ちょっくら(茨城弁で「ちょっと」の意味)酒蔵までおいでいただき、人々との出会いの大切さ、素晴らしさを実感、感謝しながら、皆様といっしょに今年の新酒で乾杯させていただきたいと思います。
 また、昨今の飲酒運転問題は、日本のアルコール事情を根底から揺るがす重大な問題です。そこで、「ちょっ蔵 新酒を祝う会」を、JR水戸線稲田駅に隣接する当蔵で開催することによって、当日は電車で当蔵までおいでいただき、「酒を、好きな時に、好きな場所で、好きなだけ飲むことができる日本」の素晴らしさ、そして、そんな日本を、我々酒を愛する者の飲酒マナー向上でのみ守ることができることを皆で再認識する機会にしたいとも考えております。
 当蔵にちょっとでも縁のある、一人でも多くの方々の御来蔵を心より御待ちしております。

 新酒をたらふく飲みながら、笠間稲荷のお囃子やダンス、ブルースのライブ、寄席などのお楽しみに、きき酒大会や蔵見学と、楽しいイベントが盛りだくさん! 当蔵はJR水戸線・稲田駅の真裏です。のんびり電車の旅をお楽しみいただき、たらふく飲める体制でぜひおでかけください! 飲めない方は旨い物をどうぞ!

◆◇◆

●止むを得ずお車でご来蔵される方へ
近隣への無断駐車は絶対にお止め下さい。駐車場所は当日スタッフがご案内いたします。運転者の方にはご入蔵の際に「運転印」をお付けさせていただきますので、飲酒は絶対におやめ下さい。当日は「運転印」の方へのお酒の販売・提供は一切いたしません。
●主催/ちょっ蔵 新酒を祝う会実行委員会(磯蔵酒造有限会社)
●協力/JR東日本水戸支社、JR笠間駅・稲田駅
●お問合せ/磯蔵酒造 (0296)74-2002
営業時間・八時〜十七時 info@isokura.jp

ちょっ蔵新酒を祝う会
イベントの詳細は次ページでご紹介します!



他:「ちょっ蔵新酒を祝う会」開催!イベントの詳細


磯蔵酒造有限会社/茨城県笠間市稲田2281番地の1/電話(0296)74-2002


「磯蔵新聞」トップへ戻る「磯蔵新聞」トップへ戻る