磯蔵の酒造り







催事

お問い合せ

お問い合せ









 緑あふれる山々に囲まれた「笠間市」は古くから稲作が盛んでした。
 なかでもスサノオノミコトの奥さん「稲田姫」に縁ある「好井」と「御神田」を有する「稲田神社」から名付けられた稲田地区は古くから「稲の郷(里)」と呼ばれ、日本最大の御影石の大地から湧き出る良質の地下水(磯蔵ではこの水を「石透水・せきとうすい」と命名)とともに、酒造りには絶好の地域でした。

 その稲田にある当蔵は、石が幾らでもある場所だから磯と名乗り、古くから米作りをしていましたが、その良質の水と米に着目した酒蔵初代「磯 良右衛門」が江戸末期より酒造りを開始、やがて明治時代には「稲の里」から「稲里」を酒名に「磯酒造店」を開業、敷地内、数々の酒蔵、米蔵に因んで屋号「磯蔵」と呼ばれるようになりました。
 「稲里」は地元笠間をはじめ茨城県内に“定番の地酒”として広く親しんでいただいております。
 

初代・磯良右衛門
(りょうえもん)
1836〜1914年
二代目・磯要吉
(ようきち)
1876〜1945年
三代目・磯良男
(よしお)
1907〜1979
先代没後、要吉を襲名
四代目・磯良史
(よしぶみ)
1940〜
1994年公職就任により引退
磯蔵酒造有限会社/茨城県笠間市稲田2281番地の1/電話(0296)74-2002