「磯蔵新聞」9号特集記事
「磯蔵新聞」11号特集記事
他:しぼったまんまの出荷春風薫酒の会磯蔵CM大魔神と稲里NHKで熱弁


しぼったまんまの出荷無濾過生原酒 出荷開始

しぼったまんまの出荷  業界的に言う「袋吊無濾過生原酒中汲み斗瓶取り」を皆様にありのまま存分にご堪能いただきたいという当蔵人の熱き思いを形に、うんたらかんたらじゅげむじゅげむ……というややこしい話はぬきにして、「搾りたてのはつらつとした旨味を皆さんに楽しんでいただきたい」と出荷し始めた「しぼったまんまの出荷」シリーズが発売から三年目を迎えました。

◎◎◎

 「しぼったまんまの出荷」は、いわゆる「濾過(澱引き)」、「火入れ(熱殺菌)」「割り水(加水)」を一切行わないため、アルコールが強く、味が濃く、色があり(酒は本来薄い黄金色)、澱が下がり、味の移り変わりが激しい(良くも悪くもなります)お酒です。すなわち、昨今の流行である「飲みやすく、スッキリ、水のよう」に逆行する不安定な特長を持っています。さらに、一度ご購入いただいた方々はお気付きかもしれませんが、製品の注意書きには「しぼったまんまの出荷」を美味しく飲んでいただくために……として、

●搾りたてのふな口をそのまま瓶詰した無濾過生原酒です。割り水(加水)は勿論、火入れ(熱殺菌)や濾過(澱引き・脱色)等の加工を一切しておりません。そのため、酒には青冴えした黄褐色の色があり、ビン内に成分の沈殿(オリ)が見られる場合がありますが、それこそ「しぼったまんま」の証。溌溂(はつらつ)とした溢れんばかりの旨味を存分にお楽しみ下さい。
●デリケートな生酒のため、必ず冷蔵保存、開封後もできるだけ早くお召し上がり下さい。また、劣化しやすく、味が不安定な製品ですが、保存状態によっては熟成し、更に旨くなる場合もあります。是非、あなたの感覚で酒を育ててみてください(旨くなる方法を見つけた方は蔵まで是非ご一報を)。


 という、まったくもって無責任、他人任せな事まで書いている製品です。しかしながら毎年増産、おかげさまで本年も、予想を大幅に上回るたくさんのご予約をいただくことが出来ました。中には、今年の酒が届いた日に来年のご予約を入れてくださるなど、「これを飲んでしまうと他の酒では物足りない」という、熱狂的なご支持までいただいております。
 3年目となる今年はお客様からの「もう少し長い期間出荷できないのか?」という声にお応えするべく、多少ではございますが、蔵の氷温貯蔵蔵で在庫を貯蔵する事にいたしましたので、ご予約いただけなかった皆様も是非この機会に「しぼったまんまの出荷」シリーズを御一飲してみてください(数に限りがございます)。

◎◎◎

 そんな、時代に逆行するような「しぼったまんまの出荷」は、当蔵が理想とする「米の味と香りのする酒」に、また一歩近づくことができた証であり、そんな「しぼったまんまの出荷」が皆様にご支持いただけたということは、当蔵の考えや試みが間違っていなかったと安心すると同時に、妙な自信をもち始めた今日この頃の磯蔵です。

「しぼったまんまの出荷」2008年ラインナップ

「しぼったまんまの出荷」2008年ラインナップ
「稲里 大吟醸 山田錦」
(天ラベル)
1,800ml/7,000円
720ml/3,500円
「稲里 大吟醸 五百万石」
(風ラベル)
1,800ml/4,200円
720ml/2,100円
「稲里 純米」
(山ラベル)
1,800ml/3,200円
720ml/1,600円
「稲里 辛口」
(雲ラベル)
1,800ml/2,400円
720ml/1,200円

ご購入、お問い合わせはサイトでもご案内しております。
ぜひ合わせてご覧くださいませ。
磯蔵の酒 > 季節の味 > 「しぼったまんまの出荷」



他:しぼったまんまの出荷春風薫酒の会磯蔵CM大魔神と稲里NHKで熱弁


磯蔵酒造有限会社/茨城県笠間市稲田2281番地の1/電話(0296)74-2002


「磯蔵新聞」トップへ戻る「磯蔵新聞」トップへ戻る